子猫を連れてくる前に部屋を整える

      2016/10/12

いよいよ子猫と一緒に過ごす、という前にまずは一緒に暮らすお家の環境を整えましょう。
猫グッズはもちろんですが、それ以外にも準備することはいろいろあります。
子猫が部屋の中を行動するイメージをもって対策してみてください。

食事・寝床・トイレの確保

CA3I0006

 食事、トイレ、睡眠は、ネコにとっても生活の基本。すぐに使える空間を準備しましょう。食事は前の飼い主からえさの種類を聞き、それを買っておくこと。安定感があり、食べやすい食器も必要。食事場所も決めておきます。トイレや寝床は、市販品でもいいし、適当な入れもので手作りしてもOK。静かで落ち着く場所に置くのがポイントです。

 

 

段ボールでネコの小部屋を作る

ネコは落ち着いて過ごせる狭い場所が大好き。
いらない段ボールに毛布などを敷き、入り口をつけてネコ用の個室を作ってあげるとよろこびます。

 

危険なものは隠す

 なんにでも興味を持ち、活発に動きまわる子ネコ。飼い主にとっては便利な部屋も、子ネコの視点で見てみると、意外にもデンジャラスゾーンがいっぱいです。電気のコードを噛んで感電、キッチンの包丁でケガ、洗濯機の洗濯槽に落ちておぼれる……などなど、室内でのネコの事故は絶えません。危ないものは隠すか、カバーをつけておきましょう。

〈危険回避のための10カ条〉

  1. 落とすと壊れるものを置かない。koneko_image-6
  2. コンセントをカバーする。
  3. はさみ・ホチキス・針などを置かない。
  4. ビー玉など、飲み込めるものを置かない。
  5. 人間の食べ物を隠す。
  6. トイレや浴槽にふたをする。
  7. キッチンに入れない。
  8. 窓・網戸は開放しない。
  9. 転落防止柵のないベランダには出さない。
  10. 洗剤のふき残しをしない。

キッチン、バスルーム、ベランダは特に危険。侵入防止策を。

家の中で特に危険な場所は、熱い鍋や刃物、割れ物があふれるキッチン。水をはった浴槽や洗濯機、落ちたら命取りのベランダです。

これらの場所にネコが入らないよう、ドアや窓は必ず閉め、侵入できないようにしておきます。大掃除などで開放するときのために、ネコを入れるキャリーバッグやケージも用意しておきましょう。

 

高低差をつける

 ネコはイヌのように長距離の散歩はしません。その分、高いところに上ったり、飛び降りたりする上下運動が必要です。室内飼いのネコの健康維持、ストレス解消の意味でも、上下運動は重要です。

 階段状にデザインされた家具を用いたり、高さの違う家具を並べたりしただけで、ネコの運動スペースは十分に確保できます。ネコが歩く場所にはなるべく物を置かないなど、自由に遊べる工夫をしましょう。

 

爪のキズを防ぐ

 ネコのツメとぎは本能的な行動ですから、やめさせるのは無理。だからといって自由にとがせていたら、家具や柱、ふすま、畳などがボロボロにされてしまいます。賃貸物件の場合は、あとあとトラブルに発展することも。ツメとぎ場所ははじめから決めておき、そこ以外ではとがせないことが大切です。

 キズをつけられたくない場所は丈夫なビニールで覆ったり、鏡をたてかけたりと、ツメが滑る素材でカバーしましょう。酢、タマネギなどネコが嫌うにおいをつけるのも手です。

フローリングよりもカーペット

 清潔感があり、掃除もしやすいフローリングですが、ネコのツメでキズつきやすく、階下に音が響くのが難点。カーペットのほうが安心です。

 

ドア対策

0b34a5ac20386782c63b5e3240736e4e ネコは賢い動物。戸棚やふすま、冷蔵庫などの開け方はすぐに覚えます。その半面、遊んでいるうちに閉じ込められてパニックになることも。飼い主が留守にするときなども、ネコが安全に、いたずらしないで過ごせるようにするためには、ドア対策が不可欠です。

 まず、ビデオデッキやCDなどを入れたキャビネットやブックケースなど、開けられては困るものの扉は、簡単に開かない工夫が必要です。左右のドアをひもで結んだり、扉の前に重いものを置くなどしておきましょう。

 反対にネコが1カ所に閉じ込められるのを防ぐためには、部屋のドアにドアストッパーをつけて、少し開けておくと安心です。

ネコからパソコンを守る

 いたずらや毛からパソコンを守るには、ケースに入れたり、カバーをかけること。できればパソコンのある部屋は「ネコ立入禁止」に。

 

におい対策

 動物を飼う以上、多少のにおいはつきもの。においを最低限に抑えるためには、丸洗いできるトイレ、干しやすいベッドなど、手入れのしやすいネコ用グッズを用意しておくのがベスト。
また、イスやソファには木綿などの洗える素材のカバーをかけます。消臭スプレーを用意しておくと、いざというとき便利です。

 

 

  用品と環境の準備