猫の食事(食べてよいもの悪いもの)

      2016/10/12

 

ネコの食事は主に総合栄養食である市販のキャットフードがありますが、手作りにしたり残っていたものを食べたり、時にはごほうびにあげてみたり。
ただ、人間と同じものが食べられるわけではありません。
消化できないものや中には原因となって病気を引き起こすものまであります。健康に過ごすためにも食べても良いのも、悪いものを確認してみましょう。

 

ネコが食べてもよい食材

・魚(加熱)  干物はゆでて塩分を抜き、骨はきれいに抜く。koneko_image-17

・肉(加熱)  タンパク質が豊富。レバーはタウリンが多い。小さく刻んで。

・のり     味付けでないもの。新鮮なものをエサにかけて食欲増進。

・かつお節   食欲をそそる香り。おやつにしたりエサにふりかけたりする。

・鶏のササミ  カロリーが低め。ゆでて小さく切ってからあたえる。

・ごはん・麺  魚などを食べさせるときに、少しだけ混ぜてもOK。

・無塩煮干し  カルシウム豊富、虫歯予防効果も。大きいものは割って。

・卵黄     子ネコ、老ネコでも安心のたんぱく、脂質、ビタミン源。

・ネコ用ミルク 成長に必要な栄養素を含む。老ネコの栄養補給にも。

 

ネコが食べると危険な食材

・ネギ・タマネギ  ネコの赤血球を壊す成分を含有。貧血から死に至ることも。 koneko_image-12

・生のイカ・タコ  消化が悪く、胃の中で約10倍に膨張して胃拡張の原因に。

・香辛料      香りが強すぎ嗅覚をマヒさせる。胃腸への刺激も大。

・鶏や魚の大きな骨 鶏の骨は割れ口が鋭利。のどや消化管に刺さる可能性大。

・アワビ・サザエ  激しい皮膚炎の原因。

・甘いもの     心臓病や虫歯のもと。チョコレートには中毒の危険性も。

・生の豚肉     消化不良の原因。トキソプラズマという寄生虫感染の恐れも。

・塩分の多いもの  胃の粘膜を炒める。心臓、腎臓に負担がかかり短命に。

・人間用の牛乳   下痢をする場合あり。子ネコより成ネコに特に注意。

 

  用品と環境の準備